離婚時の不動産解決方法 » 離婚でマンションを手放す場合

マンション所有の方が離婚を機に手放す場合の注意点として掲載しております

マンションを手放すことになったら

離婚する際に夫婦で住んでいたマンションを手放す時の注意点を紹介します


通常、マンションなどの不動産や預貯金、
有価証券などの夫婦で共有してきた財産は離婚時に財産分与することができます。


預貯金などはそのまま折半すればいいのですが、不動産はそういう訳にはいかず、
専ら売却されるケースが大半です。

大体売却されるマンションには住宅ローンの残債が残っており、
売却金額で何とか完済できるか、多少の残債が残るのが一般的です。


マンションの共同購入者としてお互いの名義が入っているのであれば、
残債の一括返済を借入先から催促されたりもしますので、
預貯金に余裕がある夫婦であれば貯金を切り崩し、返済に充てるという選択もあります。

しかし、残債が数百万や数千万も残る場合は
これから先立つものがいろいろと必要な離婚後の生活を考えると、お互いお金は出し渋るでしょう。


そのような場合は、一般的に債務者である夫がローンの返済を継続する事もできますが、
誰も住まないマンションにローンを払い続けることができるか不安が残ります。

借り入れ先である銀行も離婚の事実を知れば、返済が滞る可能性を考慮して、
一括返済を請求してくるでしょう。

こんな住宅ローン完済ケースもあります
離婚の協議でどちらか一方が新たな借り入れを起こし、住宅ローンを完済するケースもあります。

ローンの残債が残る場合、マンションを賃貸に切り替えて
家賃収入を返済に充てるなどの方法もあるため、
不動産業者にも一度相談するといいでしょう。