離婚時の不動産解決方法 » 不動産の譲渡所得とは

ここでは不動産の譲渡所得について解説しております

不動産の譲渡所得について

離婚する時には、これまで夫婦が築き上げた財産を互いに財産分与することができます。
この時、財産を渡したり、財産を受け取った事による譲渡所得には税金が掛かるのでしょうか。

一般的に無償で財産を譲り渡す時には「贈与税」が課税されます

電球
離婚による財産分与も同様に互いに財産を譲り受ける形にはなりますが、基本的に課税対象とはなりません。

これは法律上で離婚に伴う財産分与は、
贈与ではなく夫婦で築いた財産の清算であり、
収入が不安定な立場の者に対しては離婚後の生活保障に基づく
権利執行であると解釈されているからです。

但し、財産分与される財産が夫婦が築いた財産としては
巨額すぎると判断される場合には、多すぎると判断された部分に対して
贈与税が掛かることがあります。

さらに今回財産分与することになった離婚自体が贈与税や相続税を
免除するための計画的な離婚であると認められた場合には、
それら全ての財産に対して贈与税が課税されることになります。

財産分与を行った側には譲渡所得税が課税されます。
課税対象となるのは、その不動産を購入した金額から財産分与時の評価額の差分になります。

例えば、2,000万円で購入したマイホームが
2,300万円の評価額であれば差額の300万円に対する譲渡所得税が課税されることになります。


しかし、購入金額を評価額が上回るケースはかなり稀であるため、
財産分与における譲渡所得税についてはあまり心配する必要はありません。

このように離婚時の譲渡所得には例外であるものの、課税対象となることを覚えておきましょう。