離婚時の不動産解決方法 » 不動産評価に関して

離婚時に調べる不動産評価について

不動産評価とは

離婚により財産分与を行うに当たり、問題となってくるのが不動産の財産分与です

現金や有価証券などの財産分与は夫婦間での取り決めに基づいて分けることができますが、不動産は単純にはいきません。

問題の多いケースはマイホームに住宅ローンが残っている場合の財産分与


マイホーム自体を離婚する夫婦が境界を決めて住むというのは現実的ではありませんので、
一般的には財産分与の対象となる不動産は売却して現金化します。

いくらで売れるのでしょうか
それではこれから売却しようと考えているマイホームは一体いくらぐらいで売れるのでしょうか。

基本的には売却するマイホームには住宅ローンの債務が残っているケースが多く、
仮に1,000万円で売却できたとしても住宅ローンが1,500万円残っていたらオーバーローンとなります。

青空
このような事態を未然に防ぐためにも、財産分与の対象となる不動産を事前に査定しておく必要があるのです。

近年では
多くの不動産会社が不動産の無料査定を実施しているため
不動産評価の垣根も低くなったという感じがしますが、
この無料査定が曲者なのです。

この無料査定には不動産会社独自の判断基準が盛り込まれている事があるため、別の不動産会社で査定してもらうと数百万円も安かったという話も珍しくありません。

これが後々トラブルの火種となり、離婚協議が泥沼化する原因になります。


もし不動産物件を財産分与する可能性があるのならば、
不動産鑑定士などの専門家に依頼し、しっかりとした評価額を算出してもらいましょう。