離婚時の不動産解決方法 » 連帯保証人が住む場合

ここでは住宅ローンの連帯保証人が離婚後にそのまま住む場合について

連帯し保証人が離婚後に住む展開なら

離婚にもいろいろありますが、マイホームの財産分与の仕方にもいろいろ

マイホームを購入する際にはほとんどの方が住宅ローンの借入れを行います

結婚をして夫婦でマイホームの住宅ローンを契約する際には、債務者が夫で連帯保証人に妻がなることが多いです。

この時点で離婚した時にはこのマイホームの財産分与はどうなるのか、なんて考える夫婦は珍しいでしょう。
そして、実際離婚する時に問題となるのが住宅ローンの残債です。

特に結婚をして数年も経たないうちに離婚を決めたものの、
多額の住宅ローンを残したマイホームの処理方法に困り果てる夫婦が増えています。

事前に不動産評価額を調べておけば、このようなケースに陥る事もないかもしれませんが
大抵の不動産物件の評価額は購入金額を下回るため、オーバーローン対策が必要になります。

さて多額の住宅ローンが残るマイホームを財産分与する方法として、
連帯保証人が住み続けるケースがあります。


往々にして連帯保証人は妻である場合は多く、子供と妻がそのままマイホームに住み続け、
住宅ローンもそのまま債務者である夫が払い続けるというパターンです。

それでは離婚する前と同じだと思うかもしれませんが、ただひとつ異なるのが夫がマイホームに住んでいない事です。

つまり夫は自分が住んでいないマイホームの住宅ローンを
別の住まいに住みながら払い続けなければならないのです。


子供に転校させないための親の配慮であったり、夫の浮気による慰謝料代わりであったり、
理由は様々ですが夫の方はかなりの負担増になります。

中には住宅ローンの返済を途中で辞めてしまう方もいます

債務者と連絡が取れなければ、借入先の金融機関はもちろん連帯保証人に返済の催促を要求してきます。

このような事態にならないためにも事前に公的文書で取り決めを交わしておきましょう。