離婚時の不動産解決方法 » 土地を手放す場合の注意点

土地は建物を手放す場合と違うのかも含め注意点をご覧ください

土地を手放す場合に注意することは

離婚する時に財産分与を行う場合、基本的には夫婦がこれまでに築き上げた共同財産を清算するのですが、
その時問題になるのが不動産の財産分与です。

預貯金などの有価証券であれば、お互いに折半することも可能ですが、
不動産となると単純に分ける事ができません。


売却して清算してから財産分与するのが一般的です


一般的に不動産を財産分与する場合には、一度売却してお金に変えてから清算するという方法が多いようです。

一軒家のマイホームを結婚の際に購入した場合、建物と土地の両方を売却する必要があります。特に離婚時の土地の財産分与で多いトラブルが土地の所有権が夫婦どちらかの親であるケースです。
花畑
例えば、妻の親の家の近くの土地を譲り受け、そこにマイホームを建てたとします。

円満な結婚で両家とも波風の立たない理想的な結婚であり、
将来妻の親御さんの介護も見据えた計画的なマイホームの購入でした。

しかし、時間の経過と共に歯車は狂い始め、
ついには夫の不倫が原因で離婚の協議が行われる事態となりました。

そこで、夫婦の財産を清算していく訳ですが、
残念ながら土地は妻の親名義であるため財産分与の対象とはならないのです。

離婚前に不動産の所有権移転の手続きを済ませておけば、話はややこしくはならなかったのかも
しれませんが、あからさまに所有権移転の話を持っていくのは当然怪しまれます。


しかし、曖昧な状態でずるずると来てしまうと
離婚という局面で大変な思いをしてしまうということを覚えておきましょう。