離婚時の不動産解決方法 » 住宅ローンが残っている場合

住宅ローンが残ったまま離婚した場合の対処法を説明しております

もし、住宅ローンが残ったまま離婚になってしまったら

離婚をする際にこれまで夫婦が住んでいたマイホームの
住宅ローンが残っている場合はどのような対処方法があるのでしょうか。

夫婦でマイホームの住宅ローンを契約する際には、一般的に夫が債務者で、
妻が連帯保証人となるケースが多いでしょう。

しかし、離婚することになればお互い債務者や連帯保証人からは外れたいという気持ちになると思います。

住宅ローンを完済する方法が一番シンプルですが

では、どのような対処方法があるかというと、
最もシンプルな方法がマイホームを売却し、
その売却金額で残りの住宅ローンを完済してしまう方法です。


売却金額で住宅ローンを返済してなお、金額が余れば夫婦間で財産分与を行います。

しかし、マイホームを売却した金額では住宅ローンを完全に返済できない場合は
残債と抵当権の残ったマイホームが残ってしまいます。

基本的に住宅ローンが全て返済されなければ、借入れ先は抵当権を解除はしてくれませんが、
任意売却を借入れ先と相談することで解除することも可能になります。


又、離婚後にマイホームに夫が住み続けるという選択肢もあり、
この場合は住宅ローンの債務者も不動産名義も夫のままであるため、それほど面倒な問題は残りません。

さらに最近増えているのが、妻と子供がマイホームに住み続けるが、
不動産名義も債務者も夫のままであるパターンです。


これは子供の転校の問題があったり、夫の浮気が問題で離婚した場合の慰謝料代わりであったり、
理由は様々ですが自分が住んでいないマイホームの住宅ローンを支払う夫の方は経済的にも苦しくなります。

最悪の場合、夫がローン返済を投げ出し逃亡する可能性もあり、
そうなった場合は連帯保証人となっている妻の方に返済要求がきます。

そのような事態に備えて、公正証書を残しておくことをお勧めします。

公正証書があれば、夫がローン返済がしなくなっても、
強制的に夫の財産や給与を返済に回すことができます。