離婚時の不動産解決方法 » 債務者が離婚してからも住む場合

ここでは債務者が離婚したあとに

離婚しても債務者が済むとしたら

離婚した場合、それまでの夫婦共同の財産は財産分与することができます。

財産分与の分け方は当事者間による評価の仕方によって様々であり、互いに納得した上で執行されます。

財産分与の対象は退職金を含む現金や家財道具や車などの動産、
そしてマイホームなどの不動産まで多岐に渡ります。


そして、財産分与で問題となるのが不動産の財産分与です。

不動産は夫婦間で分与するのが難しく、一般的には売却して現金化しますが、
売却金額よりも住宅ローンの残額の方が多い場合はオーバーローン状態となります。


売却してなお、負債を抱えてしまう事態であるため財産分与以前の問題となります。

とりあえず残ってしまった住宅ローンの残額をどうするかを夫婦間で話し合わなければいけません。

その解決方法のひとつとして住宅ローンの債務者、
つまり返済責任のある方がマイホームに住み続けるという方法です。

一般的に債務者は夫であることが多く、妻がマイホームを出て行き、
夫が住み続けながら、住宅ローンも返済していきます。


但し、妻が連帯保証人になっているケースは万が一、
夫が返済不能になった場合に返済責任を追求される事になります。

そのような事態にならないためにも、連帯保証人を抜ける手続きを借入先に要求する必要がありますが
金融機関によっては了承されない場合もあります。


夫が妻の代わりに新たな保証人を立てるなどの条件が揃わなければ、
金融機関も納得はしないでしょう。

あるいは妻に対して住宅ローンの残額の一部を現金で
納めさせることで連帯保証人を外すことを認める場合もあります。

いずれにせよお金に関わる問題は綺麗に清算しておく方がいいでしょう。