離婚時の不動産解決方法 » 離婚でのオーバーローンの対処

オーバーローンとは。そして離婚での対処法とは

離婚の時にオーバーローンだったときは

離婚時の財産分与で問題となるのが不動産のオーバーローンです


財産分与でマイホームを売却して清算する場合、
大体が住宅ローンの返済中であるため、売却金額は住宅ローンの返済に充てられます。


しかし、住宅ローンがまだ2,000万円残っているにも関わらず、売却金額は多く見積もっても
1,500万円にしかならなかった場合、500万円の債務が残ります。


このような状態をオーバーローンといい、残債の処理に頭を痛めなければいけません。

オーバーローンで一括返済できないのが現状です

預貯金に余裕があれば、残債を一括で返済する事も可能ですがそれほどの余裕が無い夫婦がほとんどでしょう。

子供の親権や養育費、どちらかの不貞による慰謝料など複雑な問題が絡み合って、
住宅ローンの残債の返済を夫婦のどちらかが請負うケースもあります。

違う借入をして住宅ローンを完済
その場合、違う借り入れ先から借金をして住宅ローンの残債をとにかく完済してしまうという方法です。

もちろん新たなローンを背負ってしまいますが、
新しい生活を始めるに当たってやむを得ないと判断する夫婦もいます。


又、オーバーローンでマイホームを離婚決定時点には売却できない場合は、
夫婦のどちらかが住み続けるという選択肢もあります。

この場合、債務者は住宅ローンを払い続けますが、いつ返済が止まるか分からないため、
書面にて取り決めを残しておき、公正証書などの公文書を取り交わしておくことも考慮しましょう。

住宅ローンを返済中に離婚を考えているのであれば、
住宅ローンの残額と不動産の評価額を事前に調べておく方がいいでしょう。