離婚時の不動産解決方法 » 離婚する時の不動産の売却手順

ここでは離婚する場合の不動産の売却手順について説明しております

手順は知っておきたい離婚時の不動産売却について

近年日本で増え続けている離婚問題でよく取り上げられるのが不動産の問題


結婚をして、夫婦でマイホームを購入したにも関わらず
購入後数年も経たないうちに離婚してしまう夫婦が増えています。

この時、一番問題となるのが住宅ローンの問題です。

購入後数年しか経っていないのであれば、もちろん多額の残債があります。

一般的には住宅ローンの債務者が夫で連帯保証人が妻になっていることが多い

どちらかが住んでも構わないのですが、嫌な思い出が残っているマイホームに住み続けるには抵抗があり、
住宅ローンの返済も債務者の夫が逃げてしまえば、連帯保証人の妻に債務返済が回ってきてしまいます。


離婚の協議で感情的にならずに、
しっかりと取り決めをしておけば問題ないかもしれませんがそれも事実難しいでしょう。

そこで、このようなケースでは住居などの不動産は売却されることが多く、
売却で得た金額を住宅ローンの返済に充てます。

通常、売却金額では住宅ローンを完済することは難しく、残債は債務者が工面

そうすることで、債務者と連帯保証人の関係を終結することができ、
お互い新しい生活に向けてスタートすることができます。


又、不動産を売却せずに債務者の夫が住み続けるというパターンもありますが、
妻が連帯保証人になっている場合は、もしもの時に債務を負いかねないので連帯保証人を外しましょう。

おそらく借入れ先は妻の連帯保証人を外す代わりに別の連帯保証人を要求してくると思いますので、
これについては夫婦間で事前に協議しておきましょう。