離婚時の不動産解決方法 » 不動産の資産整理

資産整理についてまとめてみました

協議をスムーズに進めるために資産整理を

離婚を協議する際には夫婦間で財産分与についてしっかりと話し合われることをお勧めします。

財産分与の申請は離婚後2年以内にどちらか一方からの申請で成立するものですが、
この財産分与におけるトラブルが多発しています。


まず財産分与は結婚後に夫婦共同で築き上げてきた財産を協議して分けるものですが、
この分け方は夫婦で決めることができます。

例えば、子供の親権を持つ方にはマイホームなどの不動産を分与(譲渡)したり、
夫の浮気が原因の離婚であれば慰謝料として、妻側に多めの財産を分与したりすることができます。

離婚の財産分与を行う時点ではお互いの感情が邪魔をして
冷静な判断ができない可能性が高いため、最悪の場合代理人を立てましょう。


そして、離婚の財産分与の対象となるものは
預貯金などの現金、土地や建物の不動産、自家用車や家財道具などの動産、
退職金や年金、生命保険、さらには債務も対象となります。

これら財産分与の対象となる資産は予め整理をしておくことで離婚時の協議がスムーズに行くでしょう。

財産分与は妻が専業主婦であっても分け前は五分五分であるため、
対象となる財産はしっかりと把握しておく必要があります。


従って、離婚を切り出す前にはある程度の資産の状態を把握しておき、
相手との協議の際に要望や妥協案を提示できる準備をしておきましょう。

ましてや話し合いの場が持たれない離婚の場合はお互い代理人を通しての離婚調停となるため、
資産管理が杜撰だと時間が掛かってしまいます。

離婚対策に限らず、資産管理は重要ですので日頃からチェックしておく習慣が大切です。