離婚時の不動産解決方法 » 離婚時の不動産のトラブルとは

離婚の時に考えられる不動産のトラブルについて見ていきましょう

こんなトラブルが!離婚時の不動産で起きるトラブルについて

離婚する夫婦の間でトラブルが起こる原因のひとつに不動産に関する問題が増えています。

近年離婚件数は上昇傾向にあり、若年離婚や晩年離婚など多種多様な離婚形態も増えています。

特に結婚を機にマイホームを購入したにも関わらず、
数年も経たないうちに離婚してしまう夫婦間で多いのが不動産の財産分与に関する問題です。

これからの幸せな夫婦生活を夢見て購入したはずのマイホームが思わぬ足かせとなってしまう典型的なパターンです。


マイホームには購入後間もないため、当然のように住宅ローンの債務が残っています。

一般的に住宅ローンの債務者が夫で連帯保証人が妻になるケースが多く、
まずマイホームをどうするのかということを決定しなければいけません。

ポピュラーなのが売却金額を残債返済

最も多いケースはマイホームを売却し、その売却金額を住宅ローンの残債返済に充てる方法です。

売却金額を返済に充ててもまだ足りない場合は、債務者の夫が別の借入れ先から借金をして完済し、
夫はマイホームの債務者から抜け、妻も連帯保証人から抜けるというパターンが多いです。

しかし、これは往々にして協議離婚の場合でさらにお互い穏便に済ませようとしている場合は
トラブルもなく事は進みますが、泥沼化した調停離婚の場合は難しくなります。


又、妻と子供がマイホームに住み続け、住宅ローンの返済は夫が払い続けるというケースも増えています。

これは子供の学校生活を考慮したり、夫の不貞が離婚の原因の場合の慰謝料代わりであったりと理由は様々ですが、
このようなケースで問題となるのが夫がしっかりと住宅ローンを払い続けるのか保証が無いということです。

夫も新しい相手を見つけて、家庭を築けば元妻に対する扱いもいい加減になってくるでしょう。

最悪の場合、返済が止まってしまうと連帯保証人となっている妻の方に銀行から返済の催促状が来るでしょう。

このような事態にならないためにも「公正証書」を作成しておくことをお勧めします。

公正証書を取り交わしておくことで、夫の返済が止まっても
強制的に夫の財産や収入を差し押さえて、強制執行することができます。

口約束だけでは世の中は渡っていけないということを離婚を経験した人には言うまでも無いでしょう。