離婚時の不動産解決方法 » アンダーローンについて

ここではアンダーローンについて解説しております

アンダーローンでも財産分与で注意が必要です

マンションや一軒家などの不動産を売却する時に住宅ローンの残額よりも高く売却されるケースがあります。

これをアンダーローンといい、
離婚時の財産分与を行う場合、住宅ローンから差し引いた余剰分は夫婦で分けるだけです。

マイホームなどの不動産を財産分与する時には売却して一旦お金に変えることが一般的ですが、
往々にして住宅ローンの残額の方が多くなります。

住宅ローンの残額の方が多い状態をオーバーローンといい、処理方法が難しくなります。

一方、アンダーローンは不動産の売却金額の方が多いので財産分与も大変簡単ですが、
お金を分けるという作業にはトラブルがつきものです。


子供の養育費の負担額や不倫などの慰謝料などが発生する場合、
アンダーローンで財産分与する金額の調整に時間が掛かるケースがあります。

アンダーローンになるケースは既に住宅ローンを大半支払っている場合であり、
結婚生活が長く、子供も独立しているような夫婦が多いでしょう。


近年ではそのような晩年離婚も増加しており、
妻の方が予めアンダーローンを計算しているケースも珍しくありません。


特に専業主婦は離婚後、生計を立てるのが難しいため勢いで離婚を切り出してしまうと後で大変になります。

そこで、不動産のローンがある程度支払い終わるタイミングを見計らって、
離婚を申し立て、財産分与でアンダーローンの余剰分を貰い受けるという計画を実行する人が増えているのです。

いつまでもおとなしく言う事を聞いてくれる奥さんだと思っていると痛い目に会います。